がん闘病中も…遺骨収集20年、兄眠る靖国神社に遺産4千万円

産経ニュースから
がん闘病中も…遺骨収集20年、兄眠る靖国神社に遺産4千万円

沖縄戦でこの世を去った兄への思いから、20年以上にわたって戦没者の遺骨収集に携わり、今年1月、87歳で亡くなった大阪市阿倍野区の陰山三千代さんが生前、「兄たちの慰霊に充ててほしい」と示した遺志で、総額7千万円が遺骨収集の実施団体や寺院などに寄付される。このうち4千万円は、兄の御霊が眠る靖国神社(東京)に贈られるという。沖縄戦終結から23日で65年。関係者は「陰山さんは、私たちが忘れかけている大切なことを教えてくれている」と話す。
 
「どの遺骨も兄さんやと思ってなでるんや」
 陰山さんの1歳違いの兄、文吉さんは昭和20年6月に24歳で戦死した。当時、陰山さんは看護師として働いていたが、終戦後に勤務した京都府舞鶴市の引き揚げ者の収容施設では、旧満州で旧ソ連兵に性的暴行を受けて妊娠した女性の中絶手術に携わるというつらい経験もした。
 看護師を定年退職後の昭和62年ごろから毎年、兄が亡くなった沖縄を訪問し、戦没者の遺骨収集をした。小柄な体で高齢にもかかわらず、ヘルメット姿で壕などに入り、懸命に作業に励んだ。陰山さんの体はがんにむしばまれていたが、昨年1月にも病をおして沖縄を訪れたという。
 「先生に相談がある」。元大阪弁護士会会長の小寺一矢さん(68)が、陰山さんに呼び出されたのは2年前。陰山さんは医師をしていた小寺さんの父の部下で、40年来の親交があった。陰山さんはすでに病床の身だったが、兄の戦死や遺骨収集について初めて打ち明け、遺産の寄付の相談を持ちかけた。

「明るくさっぱりした性格の陰山さんが、まさかそんな思いで生きてきたとは思いもしなかった」。小寺さんは思いの強さを感じ、遺言執行者を務めることを承諾した。
 今年1月初旬、舞鶴時代の話を涙しながら聞いた際、陰山さんは「先生、舞鶴に行きたい」とつぶやいた。陰山さんには中絶された子供たちの供養をしたいという意志もあり、小寺さんは「春になって暖かくなったら行こう」と話したが、陰山さんは1月23日に息を引き取り、約束は果たせないままとなった。
 陰山さんの死後、遺品を整理した小寺さんは、カレンダーの裏を利用した手作りのアルバムを見つけた。写真の一つ一つに、びっしりと説明や感想などが書き込まれていた。
 「糸満市山城にて。私が頭蓋(ずがい)骨一部と上顎(じょうがく)骨を発見した場所」「兄の戦死場所と同じ」…。昭和62年2月の訪問時の記述。参加者が収骨現場で手を合わせている写真には「どんなに苦しい思いで追いつめられ、ここにて最期になられたのだろうかと、胸の痛み、悲しみ…」と言葉が添えられていた。
 「若くして死んだ兄さんがかわいそう」。遺品にふれ、小寺さんは「どの遺骨も兄さんやと思ってなでるんや」と語っていた表情を改めて思い浮かべた。
 遺産は、大阪や京都の寺院や神社、遺骨収集団体に寄付し、残りは全額靖国神社に贈る予定。今夏の終戦記念日までに終える予定で準備を進めている。小寺さんは「陰山さんは、潔く一途な人生だったと思う」としみじみ語った。



英霊の方々、ご遺族の方の方々、日本という国を守ってくれてありがとうございました。
皆さんの心をくんで次の世代に誇りある日本という国を継いでいくために頑張りたいとおもいます。


日本中から多くの方々が日本を、沖縄を守るためにやってきました。
たくさんの方々が命を落とされました。
命を落とさずにすんだ方々も心と体に傷を受けたはずです。
また、遺族の方々も心に傷を受けています。

昭和の初め、日本を取り巻く世界の情勢はどうだったのでしょうか。
戦争を望む人はいません。
しかし世界の状況はどんどん変化し、日本は追いつめられていきました。

あのとき、日本が立ち上がらなかったら日本という国の歴史が終わっていたかもしれません。
当時の日本人は、今生きている我々に日本という国を残したいという思いで必死に頑張ってくれました。

そのおかげで今自分が生きていると思います。
命をかけて残してくれた日本というすばらしい国、誇りある日本人はどこへ行ってしまったのでしょうか。
英霊の方々、当時の日本人が現代人に残したかった「日本、日本人」は今の「日本、日本人」なのでしょうか。
命さえ助かれば奴隷として生活しご主人様に感謝するのでしょうか。
次の世代に継ぎたい日本は誇りある日本ではないでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜講演会のお知らせ〜〜〜〜〜〜

6月22日に三橋貴明氏の講演会
6月28日に櫻井よしこ氏の講演会が行われます。
三橋貴明氏講演会のお知らせPDF
日時:6月22日(火) 18:30~20:30
  
 場所:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 4F 研修室1

 定員:45名(参加費無料)
詳細はこちらをご覧ください


櫻井よしこ 沖縄講演会

2010年6月27日 日曜日 午後1時開場

演題
世界の中の日本が直面する内外の問題

私たちができる事は何か!
21世紀の展望を見る

会場・沖縄コンベンション劇場
会費・1人 2,000円

入場券はリュウボウ・三越でも販売中!

櫻井よしこ沖縄講演会事務局
那覇市上之屋341-33
TEL・098-867-8131 FAX・098-867-5186

どちらもぜひ参加してください
[PR]

  by hiro0815x | 2010-06-18 20:35

<< もう少し勉強しよう 講演会のお知らせ(三橋貴明氏、... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE