天安門事件23周年

天安門事件23周年、一部の人権活動家や反政府主義者に外出禁止令―米メディア
配信日時:2012年6月4日 17時2分 レコードチャイナより
2012年6月3日、天安門事件から23周年目にあたる4日を前に、中国では一部でこれを追悼する活動が行われたほか、人権活動家や反政府主義者に対する軟禁や尋問が行われたという。米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版サイトの報道。
 山東省済南市在住の山東大学教授・孫文広(スン・ウェングアン)氏は、先月6日から追悼活動の準備に奔走していた。当局から24時間体制での監視を受ける中、3日には公安局による送迎で市内の公園へ向かい、計6人で追悼会を実施。「民主実現を」「六四(=天安門事件の中国での呼称)を再評価せよ」と市民に呼びかけた。「これまで報道すら禁じられてきた事件の存在を知らしめることで、同事件の名誉回復が実現する日が近づくと信じている」とその信念を語った。途中、何者かによって横断幕が破られるというアクシデントはあったものの、会は阻止されることなく終わった。
 一方、当局より危険人物とみなされている一部に対しては、監視や外出禁止の措置がとられた。天安門事件犠牲者の遺族団体「天安門母親」代表で元中国人民大学副教授の丁子霖(ディン・ズーリン)氏は、今月3~4日の2日間にわたる外出およびメディア取材を禁じられた。そのほか、20年の刑期を終えて出所した事件関係者を訪問した人権活動家や、「事件に関する作品を制作した」との嫌疑をかけられた芸術家などが同様の措置をとられている。
なお、米国務省は3日付で声明を発表し、「事件で命を落とした犠牲者に対し、国際社会と一体となって哀悼の意を捧げる」とした。(翻訳・編集/愛玉)


そしてこの反応です
天安門事件から23年、中国政府による事件の再評価なし
2012/06/05(火)サーチナより
 劉報道官は4日の定例記者会見で、天安門事件に関する米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA、中国語電子版)記者の質問に対し、「その質問が来ると思っていた。あの『政治騒動』について、中国の党と政府はとうに明確な結論を出している」と答えた。
  VOAによると、中国当局は天安門事件を当初「反革命暴乱」と呼んでいたが、のちに「動乱」に変え、さらにその後「騒動(風波)」へと表現を変えている。
  劉報道官は「明らかに事前準備どおり」次のように述べた。「中国は30数年来の改革・開放で、経済・社会面で大きな成果を収めた。我々の歩んできた中国の特色ある社会主義の道が中国の国情に合っており、大多数の人民の根本的な利益にかなっていることは、事実が証明している」
  米国務省は3日、天安門事件に関する声明を発表し、「罪もなく亡くなった人」に哀悼の意を表した。また中国政府に対し、民主化デモに参加して服役している全ての人の釈放を求め、殺害・拘束されたり行方不明となった人について公表し、活動家とその家族への嫌がらせをやめるよう訴えた。
  この声明について劉報道官は、「中国への乱暴な内政干渉」と米国を批判し、「強烈な不満と断固たる反対」を表明した。
  なお、以上の質疑応答は外交部サイトには掲載されていない。
  4日、事件の現場となった北京中心部の天安門広場周辺では警備が強化され、観光客らの手荷物検査やセキュリティチェックが行われた。著名活動家への監視も厳しくなっている。(編集担当:阪本佳代)


靖国神社参拝も「内政干渉!」と多くの政治家が言える様になることを願っています。
そのためには日本のマスコミやスパイ同然の平和団体をなんとかしたいですね。







NHKは「天安門広場で大きな虐殺は無かった」と言っています。



この事件で亡くなった方々の冥福をお祈りしつつ
中国・支那という国がどんな国なのか理解する一つの資料としてこの事件を除く訳にはいかないとおもいます。



沖縄を日本を守りましょう。

[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-05 16:37

<< 不起訴になった教師と不起訴不当... 社民党・社大党の議員を選ぶ事は... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE