タトゥー記者の橋下大阪市長批判と毎日新聞

がんばっペン:多様性こそ社会 /茨城
毎日新聞 2012年05月31日 地方版
【杣谷健太】
大阪市で行われた全職員を対象としたタトゥー(入れ墨)調査を、 私は疑問に感じている。
調査をしなければ分からない程度であれば人目に付くこともなく、 職務に支障が出るとは到底思えない。
調査の発端は、児童福祉施設の職員が腕の入れ墨を児童にあえて見せたこと。
入れ墨の有無ではないはずだ。

私は米国留学中にタトゥーを入れた。もちろん今も体にある。
人種差別を 批判する米国の音楽を好きになり、タトゥーに興味を持った。
米国でファッションとして 浸透していることもあった。
同時に、社会問題に関心を抱くきっかけにもなった。 そのおかげで今の私がある。
取材の時は人目に触れない服装を心掛けている。
タトゥーを彫ったことを後悔したことはない。

タトゥーを入れている人は日本社会では少数派。
嫌悪感を感じる人が多くいるのも分からなくはない。

しかし、なぜレッテルを貼って管理する必要があるのだろうか。

自分が嫌いなものを排除すれば、楽だろう。
しかし、そういう社会を望むのならば、ロボットの社会を作ればいい。

日本には四季がある。春夏秋冬、違う表情を見せる。
人間も、それぞれが違うからこそ面白い。
私は、そう思う。
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120531ddlk08070159000c.html


リンク先は消されていますが、この記事に関して続報が入っています。

入れ墨検査に疑問呈した毎日新聞記者 自分の入れ墨披露拒否
2012.06.12 16:00NEWSポストセブンより
橋下徹・大阪市長が旗を振る「入れ墨検査」で揺れる大阪市に、意外なところから「ちょっと待て」の声がかかった。
〈大阪市で行われた全職員を対象としたタトゥー(入れ墨)調査を、私は疑問に感じている。〉
 こう書いたのは、毎日新聞の杣谷健太記者。5月31日付の茨城版コラム「がんばっペン」で、「多様性こそ社会」と題し、「タトゥーは少数派で嫌悪感を抱く人がいることはわかるが、レッテルを貼って管理する必要があるのか」などと疑義を呈している。
 だが、内容より話題となったのは次の一節だった。
〈私は米国留学中にタトゥーを入れた。もちろん今も体にある。(中略)タトゥーを彫ったことを後悔したことはない。〉
 まさかのカミングアウト。いったいこの杣谷記者はどういう人物なのか。
「物腰柔らかだけど風貌は一風変わっていて、ソバージュのかかった長髪に口ヒゲ、ノーネクタイでスーツのズボンを腰パン状態ではいている。原発問題に関する記事を熱心に書いていた」(地元記者)
 評判を聞くに、なかなか硬骨漢のよう。ここは改めて「橋下批判」をぶってもらおうと本人を直撃したのだが……。
「私が会社の人間じゃなければお話しさせてもらいたいとは思うのですが……、今回は東京本社に聞いてもらえますか」
――答えられない?
「会社員なので……」
 と、拍子抜けのお返事。この理由を前出の地元記者が推測する。
「茨城ではそこまで話題にならなかったが、東京の記者仲間から問い合わせが殺到し、大騒ぎになってしまったようだ。地方版の記事は、基本的には支局のデスクに任されている。本社からかなり絞られたんじゃないでしょうか」
 毎日新聞社東京本社はこう説明する。
「執筆した記者のタトゥーについては入社前の健康診断で判明し、入社までに消すことを指導しました。本人もそれを了承し、通院し、消す治療を受けましたが、完全に消すことができないまま入社しました。

 入社後は、人目に触れないようにしていました。毎日新聞社は、社員に社会人としてふさわしい行動を求めており、今回の記事が掲載された経緯などについて調査しています」(社長室広報担当)
 ところで杣谷記者のタトゥーはどのような柄だったのか。見せてくれるよう本人にお願いしてみたが、「それは難しいですね」と、こちらもやんわりと拒否された。
※週刊ポスト2012年6月22日号


執筆した記者のタトゥーについては入社前の健康診断で判明し、入社までに消すことを指導しました。本人もそれを了承し、通院し、消す治療を受けましたが、完全に消すことができないまま入社しました。
毎日新聞社は、社員に社会人としてふさわしい行動を求めており、今回の記事が掲載された経緯などについて調査しています。

>毎日新聞社は、社員に社会人としてふさわしい行動を求めており
ということですから毎日新聞は
「物腰柔らかだけど風貌は一風変わっていて、ソバージュのかかった長髪に口ヒゲ、ノーネクタイでスーツのズボンを腰パン状態ではいている。」
のが社会人としてふさわしい行動と考えているのでしょうね。



毎日新聞と言えば忘れてはならないにほんを陥れる記事を連載していた毎日デイリーニューズWaiWai問題があります。
主な低俗記事
 一部を紹介する。紹介する記事は極めて人種差別的で下劣且つ性的な表現が強いものがほとんどである。

ご存じない方は上記リンク先をご覧ください。

このような新聞社ですら入社前にタトゥーを消す様指示があるのですから
橋下市長の対応は間違っていないと思いますが、、、

それともタトゥーを消す様に指示した毎日新聞に恨みがあるのでしょうか?
それとも大阪市の公務員への転職を希望していたのでしょうか?



追記

なべ さんからコメントをいただきました
「物腰柔らかだけど風貌は一風変わっていて、ソバージュのかかった長髪に口ヒゲ、ノーネクタイでスーツのズボンを腰パン状態ではいている。」という設定の「もしもこんな〇〇がいたら~」というドリフのコントを思い浮かべました。


ドリフのコントと言えば

ここで安倍さんが「六者協議と言えば仲良くやるとか、そこでいいムードを作る事が目的ではないのです。
日本の国益を守る事が目的なのです。」としっかり言っているのがいいですね。
政治家というものは国会議員のみならず地方議員も含め
「国益」というものを考えてもらいたいものです。

哀れ、カンガンス。



           ☆お知らせ(2件)★

第2回 「島守・防人に感謝する集い」のお知らせ
戦後の世代から島守・防人となった先輩方に感謝する集いです。
熾烈な地上戦が行われた沖縄において、史実を無視しての日本軍や従軍体験者に対する批判が多いことを悲しむ戦争体験者の方々の声を受け、昨年から始まりました。

日時 6月23日(土) (慰霊の日)13時30分から(慰霊祭は12時から)
「沖縄全戦歿者慰霊祭」(12時~13時)
「第二回 島守・防人に感謝する集い」

第一部 感謝の式典
第二部 映画上映「鎮魂と平和への祈り」(天皇陛下の慰霊のお姿について)
第三部 記念講演「日本の誇り・沖縄の誇り」
       講師 大山晋吾先生(波上宮禰宜・元靖國神社広報課長)
参加費1000円
記念講演の講師は、靖國神社から波上宮(なみのうえぐう)に転任された大山晋吾先生です。大山先生といえば、遊就館の発展に尽力され、靖国の心と英霊のお姿を伝える活動で有名です。
「(多くの英霊が眠る)沖縄県は西の靖國神社だと思っています」とは大山先生の決意のお言葉です。
多くの戦歿者が眠る沖縄県で、6月23日の「慰霊の日」にこのような集いを行うことに意義を感じます。
どうぞご参加くださいませ。
連絡先:坂本 090-6831-0989


■「パンドラの箱掲載拒否訴訟」
第八回口頭弁論
  日時 :6月19日(火) 午前十一時より
  場所: 那覇地方裁判所
■報告会
  日時: 同日      午前11時半より
  会場 :沖縄県護国神 社社務所内会議室
尚、7月17日(火)の午後には、いよいよ証人尋問が行われます。
 上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。
 現在、琉球新報の言論封殺に対し、徒手空拳で戦いを挑んでいるドキュメンタリー作家上原正稔氏の「パンドラの箱掲載拒否訴訟」はこれまで皆様のカンパにより戦いを継続してきましたが、沖縄のマスコミから村八分状況の上原氏は現在闘争資金に不足をきたしています。
担当弁護士の先生も手弁当で支援して下さっていますが、打ち合わせ等をするにも交通費等の出費を無視できません。
 沖縄の閉塞した言論空間に戦いを挑んでいる上原さんの訴訟にカンパ協力をお願いしております。
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ.
[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-15 20:15 | マスコミ

<< 横田めぐみさんを取り戻せ 『二人の「少女」の物語』大田昌秀の嘘 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE