いじめと自殺

私が兵隊だったら
はたして手榴弾を住民へ配っただろうか?
沖縄戦に突入した頃には食料はもちろん武器も不足していただろう。
そんななかで住民へ手榴弾を配ることによってアメリカ軍へ対する武器が減ってしまう事を意味する。
沖縄本島から孤立した島においては武器の補給が望めない状況であったと思われる。
圧倒的な火力を持つアメリカ軍に対しては沖縄本島であっても十分な武器があったとは思えない。
いや、日本軍の総力を挙げたとしてもアメリカの軍事力には到底歯が立たない。
本土決戦を控えて硫黄島や沖縄では徹底抗戦して一日でも長くアメリカの足を踏みとどめさせる必要があったであろう。

命を捧げてもこの国を守りたいという気持は軍人のみならず、当時の人たちは少なからず持っていたのではないだろうか。

私が兵隊であったら手榴弾を住民へ「一つは敵へ、一つは自決用に」と渡しただろうか?
どうせなら二つとも敵へ投げたほうが敵の戦力にダメージを(少なからず)与える事が出来たであろうし、敵をやっつける事によって自分が生き長らえる事が出来たであろう。
軍隊としても攻撃するための武器が無ければ到底勝ち目はなくなる。
住民が足手まといになるからという理由で大事な武器を渡したであろうか?

集団自決の生き残りである「金城重明」氏は家族への愛があったからこそと裁判で証言された
狼魔人日記 金城氏証言「集団自決は家族への愛」より

住民へ手榴弾が渡された事もやはり愛がなければ渡されなかったのではないだろうか。

私の父も豪の中で実の母に包丁で殺されそうになったと聞いた。
敵に捕まってしまっては男は惨殺されて女は暴行されると言う事を信じていたから、自分の子供は自分の手で殺そうと思ったらしい。幸い理性が制して自決がなかったから私がこうして生まれているわけだが。
父はこういった。「直接の軍の命令はなかった。しかしそのような教育、世間の考え方、マスコミは『自決しなさい』という考えを押し付けていた。だから軍が悪いんだ」

何も渡嘉敷島や座間味島だけの話ではない。
沖縄本島でも集団自決はあちこちでみられてる。
沖縄だけではない、樺太しかり、バンザイクリフもそうである。

追いつめられて追いつめられて極限の状態で死を選んだわけである。

追いつめられていなければ命令されようが逃げる事が出来るわけである。
何も日本軍に取り囲まれて「自決せよ」と言われたわけではない。

手榴弾を入手出来なかったものもいる。
あえてカミソリ、カマでのどを斬ったりしただけでなく殺鼠剤、首つり、撲殺なんでもありだ。
そこまで追いつめられてしまったわけだ。

追いつめていったのは誰だ。アメリカ軍である。

子供のいじめに対する自殺にも共通していないだろうか?
たとえ周りが武器を持っていなくても、自分が手榴弾を持っていなくても
自分が、家族が極限まで追いつめられてしまう。
精神状態が耐えられなくなってしまえば、自分のプライドを保つために自殺してしまう。

日本軍のみならず非戦闘員である住民がいる事が分かっていても雨あられのように攻撃を加える事がどのような結果になるのかアメリカは分かっていたはずである。

窮鼠ネコを噛むといことわざがあるが
圧倒的に形勢不利な状況においては
「自ら命を絶つ」ということが十分にありえる。

やはり軍の命令は不要である。
[PR]

  by hiro0815x | 2007-09-25 16:51

<< 小学生まで 安倍さんの功績 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE