カテゴリ:沖縄( 13 )

 

不毛な事はやめよう

沖縄靖国訴訟、最高裁棄却に思うの続きですが
沖縄で援護法申請がどのように行われたのか、狼魔人日記の石原教授の致命的証言!援護法申請でからみてみましょう。
簡単に言えば本来軍属にのみ適用されるはずの「援護法」を政府主導で強引に沖縄住民に適用するように政令を発して特例を設け、住民の中の「戦闘参加者」を適用対象としたのである。

「援護法」の申請の流れはこうだ。

住民(遺族)
  ↓
各市町村の援護課
  ↓
琉球政府
  ↓
厚生省援護局


 そして各担当部門で出来るだけ「『非該当者』を『該当者』となるように救う」という思惑が働いた。 昨日紹介したように厚生省側でも祝嶺さんのような沖縄出身者を担当職員に配置転換し出来るだけ「援護法』の適用させるように指導した。
 当初は市町村の窓口でも申請書の記入などに不慣れな職員が多く、多くの申請書が厚生省側から突きき返されたという。 だがそれには厚生省側の「受理されるノウハウ」の指導が付いており、結局要領を掴めば簡単に「戦闘参加者」として受理れ援護金支給の対象となった。
 政府(厚生省)、琉球政府、各市町村の三者が「出来るだけ受理する」という思惑で動けば、その申請手続きの過程で、どうしても該当しない申請者に虚偽の申請をするものが出てきても、見て見ぬふりをするどころ積極的に「偽造申請書」に加担する者も多かった。 組織ぐるみで加担した場合も多かったと聞く。
 「援護法」の研究者を自認する石原昌家沖国大名誉教授は、申請書を書けない住民に代わって申請書を書く手伝いをしたと語っている。 この石原氏、援護法の研究だけやっておればそれなりの評価をされたのだろうが、沖縄で名声を得るには反日左翼複合体に迎合する必要を感じたのか、イデオロギー丸出しの論調で新聞紙上を賑わし「集団自決」訴訟では被告の大江・岩波側の弁護に回り、「軍命派」の論陣を張った。


マスコミも弁護団もこの事を知っていながら訴訟に持ち込むのは左翼お得意の「自爆訴訟」なのでしょうか。
このような訴訟は不毛です。

それよりも「負けても弁護費用は頂きます」であれば原告は「だまされた」ということになります。
もっとも原告団も同じ穴の狢で「国に対する牽制としての訴訟」だったとしたら
国に時間と労力を無駄遣いさせたあなた達にとって意味のある訴訟だったでしょう。

同じ穴の狢でないのであれば
負けると解っていて訴訟に持ち込んだ「援護法と靖国合祀に関する説明が不足」という理由で
「原告」が「弁護団とマスコミ」を訴えることが可能ではないでしょうか。

日本人全員で
戦争で命を落とされた方々、戦時中・戦後の日本を支えてくれた
すべての日本人に対して感謝の気持ちをもちながら「ありがとう」と手を合わせる事ができるような日が来る事を願っています。



[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-16 16:39 | 沖縄

沖縄靖国訴訟、最高裁棄却に思う

沖縄靖国訴訟、原告敗訴 最高裁が棄却
沖縄タイムス 2012年6月15日
 肉親が靖国神社に無断で祭られているのは精神的苦痛だとして、遺族5人が同神社と国を相手に、神社所有の祭神簿から肉親の氏名抹消などを求めた合祀(ごうし)取り消し訴訟で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は14日までに、上告審として受理せず上告を棄却した。13日付。遺族側の敗訴が確定した。
 同訴訟団と弁護団は14日、「人権侵害の現実から目を背けて形式的な判断を行い、司法の果たすべき役割を放棄し続ける最高裁に強く抗議する」との声明を発表した。
 原告団長の川端光善さん(76)は「靖国への合祀は不名誉そのもの。残念の一言だ」と声を落とした。
 川端さんは沖縄戦で当時47歳の母と18歳の兄を亡くした。「母は農家の主婦で軍とは一切関係ないのに軍属として合祀されている。名簿から名前を削り、その間違いを正そうとしただけだ」と語気を強める。その上で「靖国合祀は国に利用されることを意味する。合祀取り消しは、私にとっての戦後処理であり、その思いはずっと変わらない」と強調した。
 同訴訟では、原告が訴えた沖縄戦の歴史が捏造(ねつぞう)され、援護法という国の政策で肉親が無断で合祀されたという事実について、一審、二審とも「原告の権利が侵害されたとは認められない」として、判断に踏み込まなかった。
 池宮城紀夫弁護団長は「沖縄の歴史を踏まえた上で憲法違反を主張してきたが、最高裁が受理しないということは、沖縄戦の実相がまったく無視されたことになる。県民にとっても極めて遺憾な決定だ」と怒りをあらわにした。
 同訴訟は2008年3月に提起。一審那覇地裁は10年10月「原告らの信教の自由の妨害を生じさせる具体的行為はなかった」として請求を棄却した。二審福岡高裁那覇支部は11年9月、合祀が沖縄戦の戦没者を冒涜(ぼうとく)するとの遺族側主張に対し、同神社の「教義や宗教的行為そのものを否定することにもつながりかねない」と判断して棄却。弁護団は、同判断が全国の同様な訴訟でも初めてで「合祀について踏み入ること自体が憲法上許されないとも読み取れる極めて不当な判決だ」と批判して同月、最高裁に上告していた。


靖国神社をwikiで調べると合祀手順というものがあります。戦前、戦後と手順に違いがあるようなのですが
戦後
戦後になると合祀制度は形を改めたが、昭和27年(1952年)当時には未合祀の戦没者が約200万人に上り、遺族や元軍人を中心に「合祀促進運動」が起こった。これに対応するため、同31年に厚生省(当時)が定めた新しい合祀手順は次の通りである[25]。
 1.厚生省引揚援護局が各都道府県に対し「靖国神社合祀事務協力」という通知を出す。
 2.各都道府県は、昭和28年8月に成立した恩給法と戦傷病者戦没者遺族等援護法で「公務死」と認められた者を
   「合祀予定者」と選び、厚生省引揚援護局に提出する。
 3.その名簿を厚生省から靖国神社に送付する。
 4.靖国神社にて、名簿により合祀する。
なお合祀に関して、靖国神社広報課では戦前戦後を通して祭神合祀にあたっての遺族への連絡はするが事前の合意は取らない、としており、本人・遺族の意向は基本的に考慮されずに神社側の判断のみで行われている。このため、遺族が不満を抱き裁判に至っているものもあるが、靖国神社による遺族に対する同意なき合祀によって、原告遺族らの法的利益が侵害されたと認めらる判決は下されていない[26]。
被祀者の遺骨・位牌などはない。まず真っ暗闇の夜に氏名、軍における所属・階級、位階、勲等などを筆書きし、「人霊」を「霊璽簿(れいじぼ)」(旧称「祭神簿」)と称される名簿に移す。次に靖国神社の神体とされる鏡に「霊璽簿」を写し、合祀祭を行うことで「人霊」を「神霊」へと化す。このようにして「御霊(みたま)」を招来し、身分、職業、年齢、性別にかかわりなく、手厚く祀っているという[27]。祭神は氏名の最後に「命(みこと)」または「媛命(ひめのみこと)」を付し、例えば山本五十六だと「山本五十六命(やまもといそろくのみこと)」の様に呼称する。



狼魔人日記 ヤクザのいいがかり!沖縄靖国訴訟、原告敗訴 最高裁が棄却で解りやすく解説されていますのでぜひご覧ください。

大田実海軍中将が自決の数日前に海軍次官へ送った「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の結語で有名な電文の「県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲを実行するため、戦後厚生省がなりふり構わず行ったのが「援護法の拡大解釈」による主婦や子どもなど非軍属への援護金適用である。

国は大田中将の「沖縄県民に対して後世になっても特別の配慮をお願いする」という遺言を忠実に執行するため、あえて「歴史の捏造」をしたと言うことができる。
<中略>
それが、「沖縄戦の歴史が捏造(ねつぞう)され、援護法という国の政策で肉親が無断で合祀された」と言うことになる。

翻訳すればこうなる。

「国は大田中将の遺言を守るため、援護法を拡大解釈し本来なら軍人だけに支給される援護法を、主婦や6歳以下の子どもにまで適用し、援護金を支給した。 適用の条件として軍に対する壕提供や食料提供の他に『軍命令による集団自決』も含まれたいた」

これが「国による歴史の捏造」の意味である。
従って原告側が戦没者の冒涜云々を主張するなら、少なくとも長年にわたって受給してきた「援護金」の総額を叩き返してから、訴訟を起こすべきではないか。

「援護金」の非軍属以外への例外的支給は沖縄だけである。

国が行った善意の「拡大解釈」を享受し、カネだけは貰うが合祀は許せない・・・これではヤクザの言い掛かりと言われても仕方が無いではないか。


大田実海軍中将の言葉に多くの日本人が感動・共感し、また祖国と切り離された沖縄の事を思うが故に
沖縄戦で亡くなった方、そのご遺族の力になるためにと
法の拡大解釈をして本来対象ではない援護金を、支給しそれを日本国民が黙認していた。



戦時中の沖縄県民は日本を守る為に必死で働いたのだと思います。


その働きに対して太田実海軍中将はとても感謝していたのだと思います。


沖縄県の復興には戦時中に一所懸命頑張っていた沖縄県民と
その事を適切に評価し、本部へしっかりと伝えた太田実海軍中将
ならびに、太田実中将の電文を胸に刻みそれに答えた政府、日本国民そして御皇室の御配慮があったからこそなのではないでしょうか。

沖縄県民はその事を忘れてはいないでしょうか。


[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-16 16:38 | 沖縄

6月23日慰霊祭 護国神社と波上宮と摩文仁の丘

パンドラの箱掲載拒否訴訟の口頭弁論が6月19日に行われます。
ぜひ応援してください。
また上原正稔氏を支援する三善会へのご協力をお願いいたします。


  ■「パンドラの箱掲載拒否訴訟」
第八回口頭弁論
  日時 :6月19日(火) 午前十一時より
  場所: 那覇地方裁判所
■報告会
  日時: 同日      午前11時半より
  会場 :沖縄県護国神 社社務所内会議室
尚、7月17日(火)の午後には、いよいよ証人尋問が行われます。
 上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。
 現在、琉球新報の言論封殺に対し、徒手空拳で戦いを挑んでいるドキュメンタリー作家上原正稔氏の「パンドラの箱掲載拒否訴訟」はこれまで皆様のカンパにより戦いを継続してきましたが、沖縄のマスコミから村八分状況の上原氏は現在闘争資金に不足をきたしています。
担当弁護士の先生も手弁当で支援して下さっていますが、打ち合わせ等をするにも交通費等の出費を無視できません。
 沖縄の閉塞した言論空間に戦いを挑んでいる上原さんの訴訟にカンパ協力をお願いしております。
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

○沖縄全戦没者追悼式前夜祭
 戦没者の御霊を慰め、世界の恒久平和を願い、「平和の鐘」を鳴らし「奉納舞曲」を献奏します。
 日時:平成24年6月22日(金) 午後7時~午後8時半
 場所:沖縄平和祈念堂(沖縄県糸満市摩文仁)
 お問い合わせ:沖縄平和祈念堂 098-997-3011
 沖縄平和記念堂ホームページはこちら
 ※また、6月23日は平和祈念堂の参観料を無料とし、「沖縄平和祈念像」をとおして、
  戦没者の鎮魂と世界の恒久平和を祈念します。

○沖縄全戦没者追悼式
 日時:平成24年6月23日(土) 午前11時50分~午後0時40分
 場所:平和祈念公園(沖縄県糸満市摩文仁)
 財団法人沖縄県平和祈念財団のホームページはこちら

○平和祈念資料館の無料公開
 6月23日(土)は、沖縄県平和祈念資料館を無料で公開し、戦争の悲惨さと
 戦後の復興推移等の展示を通して平和の尊さを訴えます。
 開館時間:午前9時~午後6時
 お問い合わせ:沖縄県平和祈念資料館 098-997-3844
 沖縄県平和祈念資料館ホームページはこちら

 ※式典当日は、原則として平和祈念公園内への駐車はできませんので、
ご来場の際はバスなどの公共交通機関をご利用ください。

 ※例年、平和祈念公園周辺は日差しが大変強くなりますので、日傘や帽子
を用意するなど、十分な避暑対策の上、お越しください。


県庁発の無料シャトルバスもあります
道路はかなり混み合いますので御参考にどうぞ。


平和祈念資料館へ行かれる方はこの本を読んでから行っていただくといいと思います。「沖縄県平和祈念資料館」その真実―偏向展示、実態はこうだ-伊藤-玲子
資料館解説の嘘を確かめてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

慰霊の日祭典御案内
拝啓 初夏の候 貴台には益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
当社では、六月二十三日慰霊の日の祭典を下記の通り斎行いたしますので、
ご多用の事と存じますが、お知己ご家族お誘い合わせの上、皆様方多数
御参列、御参拝下さいますよう御案内申し上げます。 敬具
 平成二十四年六月吉日
               沖縄県護国神社
  記
沖縄全戦没者慰霊祭
日時 平成二十四年六月二十三日(土)正午
   正午より黙祷をいたしますので祭典開始十分前に御参集下さい
   祭典時間以外でも随時自由に御参拝下さい(午前九時から午後五時まで)
場所 那覇市奥武山鎮座 沖縄県護国神社
            那覇市奥武山町四十四番地
            電話098-857-2798 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


第2回 「島守・防人に感謝する集い」のお知らせ
戦後の世代から島守・防人となった先輩方に感謝する集いです。
熾烈な地上戦が行われた沖縄において、史実を無視しての日本軍や従軍体験者に対する批判が多いことを悲しむ戦争体験者の方々の声を受け、昨年から始まりました。

日時 6月23日(土) (慰霊の日)13時30分から(慰霊祭は12時から)
「沖縄全戦歿者慰霊祭」(12時~13時)
「第二回 島守・防人に感謝する集い」

第一部 感謝の式典
第二部 映画上映「鎮魂と平和への祈り」(天皇陛下の慰霊のお姿について)
第三部 記念講演「日本の誇り・沖縄の誇り」
       講師 大山晋吾先生(波上宮禰宜・元靖國神社広報課長)
参加費1000円
記念講演の講師は、靖國神社から波上宮(なみのうえぐう)に転任された大山晋吾先生です。大山先生といえば、遊就館の発展に尽力され、靖国の心と英霊のお姿を伝える活動で有名です。
「(多くの英霊が眠る)沖縄県は西の靖國神社だと思っています」とは大山先生の決意のお言葉です。
多くの戦歿者が眠る沖縄県で、6月23日の「慰霊の日」にこのような集いを行うことに意義を感じます。
どうぞご参加くださいませ。
連絡先:坂本 090-6831-0989
[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-15 20:18 | 沖縄

『二人の「少女」の物語』大田昌秀の嘘

先日、本屋さんで手に取った本があります。

『二人の「少女」の物語―沖縄戦の子どもたち』
という本で嘘つきで有名な大田昌秀さんの本です。

本の内容はこんな感じです。
『二人の「少女」の物語―沖縄戦の子どもたち』 戦場の運命たどり惨禍描く
2011年6月19日 琉球新報より
『二人の「少女」の物語―沖縄戦の子どもたち』大田昌秀著 新星出版・1260円
 この本は「沖縄戦の子どもたち」の副題が付いているように、沖縄戦とはどのような戦争であったのか、子どもたちはどのような目にあったのかを主眼に、米軍が撮影した多くの写真、なかでも「二人の少女」の写真を通して「地獄の戦場」の様相を描き出している。
 「二人の少女」とは、著者の大田昌秀が編集した写真記録『これが沖縄戦だ』(1977年、琉球新報社刊)に掲載された、おかっぱ頭のうつろな目をした「少女」と、ボロのもんぺをはいてはだしのまま三角形の白旗を掲げている「少女」のことである。この2枚の写真は、戦争に巻き込まれた子どもたちの姿を象徴的に、しかも衝撃的に示していた。
 この写真に写った主たちが著者の前に相次いで名乗り出てきたのは、戦後40年も経てからだった。傷ついた片腕を首からつるし、疲れ果てたように座り込んでいたおかっぱ頭の「少女」は、実は男の子で、その名は大城盛俊(当時13歳)であった。もう1人の「白旗を掲げつつもシャッターを切る音におびえをみせる少女」が、比嘉(旧姓松川)富子(当時7歳)であった。
 著者はこの「二人の少女」の数奇な運命をたどるにあたって、第1章で平和な時代の沖縄を紹介し、第2章で世界大戦と日本のかかわりを明らかにしつつ、第3章で戦場の「少女」の悲劇としてまとめている。
 2人の「少女」はそれぞれに家族と離別し、死線をさまよう。一体、どのような不幸や境遇の下におかれ、戦場を生き延びたのか。少女富子はどうして一人白旗を掲げて投降したのか。また大城盛俊少年はどうしておかっぱ頭になっていたのか、なぜ負傷したのか…、謎解きのようにその生い立ちや戦場の体験を、そして戦後の今日に至るまでを克明に語らせている。
 何よりも表紙、グラビア、本文の中に挿入された100点以上の写真をみると「戦争の惨禍については、いくら書いても書き足りない」と言う著者の思いが伝わってくる。
 (平良宗潤・県歴史教育者協議会委員長)
………………………………………………………………
 おおた・まさひで 1925年久米島生まれ。元県知事。学徒兵として沖縄戦を体験。現在、大田平和総合研究所主宰。「沖縄、基地なき島への道標」など著書多数。


二人の少女というタイトルから

「白旗の少女」と「うつろな目の少女」
を思う浮かべる方が多いと思います。


そうです、この本は「白旗の少女」と「うつろな目の少女」を取り上げた本なのです。
「比嘉富子」さんと「玉那覇春子」さんの事が書かれていると思いますよね。
でも
玉那覇春子さんではなく大城盛俊という男性を取り上げているんです。
なぜ男性?なのかは
狼魔人日記 カテゴリー「オカッパの少年」に詳しくあります。
当ブログでも
「うつろな目の少女」その1
「うつろな目の少女」その2
「うつろな目の少女」その3
に書いてあります。
お時間がございましたら「うつろな目の少女」その3だけでもご覧頂ければ幸いです。

私は「うつろな目の少女」が大城盛俊氏ではないと確信していますが
その証拠は
1985年に製作された短編記録映画「戦場ぬ童」という映画

で玉那覇春子さんがお話しされています。

また、この記録映画にはもう一人の少女「比嘉富子」さんも出てきます。

沖縄県内でしたら市町村の図書館にあるかもしれないので
ご覧になられたい方はお近くの図書館へ問い合わせてみてください。

また、「白旗の少女」に関して書かれた部分ですが
さっと目を通したところ
比嘉富子さん、ご本人がお書きになった

「白旗の少女」
から書き写しただけの内容ではないか?と思ってしまいました。


また、狼魔人日記 白旗の少女書かれていますが
1985年、沖縄の「識者」たちによる『沖縄いくさものがたり りゅう子の白い旗』の発刊で、「卑劣な日本兵」という神話が一人歩きを始めた。
それを見たご本人の比嘉富子さんが、1987年「白旗の少女は私です」と名乗り出て話題を呼んだ。
そして二年後の1989年、今度は比嘉さん自著による『白旗の少女』(講談社 文・比嘉富子 絵・依光隆)が刊行される。
そしてその本の後書きには、当初名乗り出ることも、自著を出版することも躊躇していた比嘉が、あえて自筆による出版に踏み切った動機を次のように書いている。

<・・・ところで、沖縄戦の記録映画が公開されて以来、あの映画のなかで、白旗をもって投降するわたしのうしろから歩いてくる兵隊さんたちが、わたしを盾にしてついてきたかのようにごかいされてているのは、大変残念なことです。
この兵隊さんたちは、わたしの歩いてきた道とは別の道を歩いてきて、偶然、一本道でわたしと合流した人たちです。 そして、私のほうが先に一本道には入ったため、あたかも白旗をもった私を弾よけにして、あとからついてきたかのように見えるのです。
したがって、わたしと、背後から歩いてくる兵隊さんとは、いっさい関係がなかったのです。 このことは、事実として書き加えておかなければなりません。(204、205頁)>


比嘉富子さん、よくぞ生きておられて、よくぞ真実を告白してくださいました。

不幸にして比嘉さんが生きてはおられず、また生きてはいても何かの都合で名乗り出ることなく沈黙を守っていたら、「少女を盾にした卑劣な日本兵」は歴史として永久に語られたであろう。
ここで登場する日本兵は名も顔も知られぬ無名兵士ゆえ、梅澤、赤松両隊長のように名前を特定されないが、日本軍の代表として「醜悪な日本兵」が定着していたであろう。

中略

では、「白旗の少女」のご本人である比嘉富子さんが、名乗り出て真実を告白したため「白旗の少女」の神話は崩れ去ったのか。
否、相も変わらず「卑劣な日本兵」を断罪する『りゅう子の白い旗 沖縄いくさものがたり』は一行の訂正もされず発売されているし、子どもたちへの「平和教育」では「悪逆非道」のイデオロギーで日本軍を貶め続けている。
これはデタラメな記事を満載しながら、今でも発売し続ける『鉄の暴風』と同じ構図である。


沖縄の「識者」たちによる『沖縄いくさものがたり りゅう子の白い旗』にかかれている事は間違っていると当事者である比嘉富子さんがいっているもにもかかわらず、作られた物語だけが真実の様に伝えられていきます。

大田昌秀には嘘がたくさんあります。
「平和団体」が発する情報にも嘘や誤解をまねくようなものがたくさんあります。

嘘の暴風に巻き込まれない様に正しい知識、自分で考える事が必要です。

〜〜〜〜お知らせ並びにカンパのお願い。〜〜〜〜

■「パンドラの箱掲載拒否訴訟」
第八回口頭弁論
  日時 :6月19日(火) 午前十一時より
  場所: 那覇地方裁判所
■報告会
  日時: 同日      午前11時半より
  会場 :沖縄県護国神 社社務所内会議室

尚、7月17日(火)の午後には、いよいよ証人尋問が行われます。

上原正稔を支援する三善会にご協力をお願いします。

現在、琉球新報の言論封殺に対し、徒手空拳で戦いを挑んでいるドキュメンタリー作家上原正稔氏の「パンドラの箱掲載拒否訴訟」はこれまで皆様のカンパにより戦いを継続してきましたが、沖縄のマスコミから村八分状況の上原氏は現在闘争資金に不足をきたしています。
担当弁護士の先生も手弁当で支援して下さっていますが、打ち合わせ等をするにも交通費等の出費を無視できません。

沖縄の閉塞した言論空間に戦いを挑んでいる上原さんの訴訟にカンパ協力をお願いしております。

--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【口座番号】記号:17010 口座番号:10347971
【名  義】サンゼンカイ.
--------------------------------------------------------------------------------
ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合
【金融機関】ゆうちょ銀行
【店  名】七〇八(読み:ナナゼロハチ)
【店  番】708
【口座番号】普通:1034797
【名  義】サンゼンカイ.
[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-13 20:12 | 沖縄

社民党・社大党の議員を選ぶ事は沖縄県民が北朝鮮を支持する事



昨日、産経新聞社・那覇支局長宮本雅史氏
『報道されない沖縄  沈黙する「国防の島」』
出版記念講演+サイン会があり、参加してきました。


ジュンク堂で当初用意されていた椅子は約50脚程度だったでしょうか。
開始時間が近くなると次第に人が増え、通路を隔てても長椅子等を用意していました。
立って講演を聴いていた方も含めると100人近くになるでしょうか。
多くの方に来ていただけてよかったと思います。

宮本さんのお話も良かったのですが
質疑応答で沖国大生の方が先の宜野湾市長選挙で防衛局長の発言が問題視されたのにも関わらず
もう一方がビラを配って組織的に投票を呼びかけた事が報じられない事に関して質問していました。
宮本氏は「どちらも選挙違反とは判断できないが、防衛局の事だけを取り上げて宜野湾市職員の組合活動を報じない事は『異常』だといっていました。

また、「長年社民党を応援して来られた」方のご意見もありました。
狼魔人日記 講演会2題と出版拒否との戦いより
講演内容は「報道されない沖縄」を購読して頂くとして、講演終了後に活発な質問があったがそのなかで筆者の注目を引いた発言を一つだけ紹介しよう。

40代後半と思われる受講者が概略次のような質問というより感想を述べた。

「私は若い頃から反戦平和、軍事基地撤去を訴える社民党の支持者で、これまでも沖縄の革新勢力を応援してきました。勿論情報は沖縄二大紙を信じてきました。 ところがインターネットで情報を得るようになり、沖縄発のブログで沖縄大学の元学長の佐久川政一や、社民党の幹部が中心になって北朝鮮を賛美するチュチェ思想の普及集会を沖縄で行っているということを知り、驚きました。 今回の県議選に立候補している社民党の狩俣信子もチュチェ思想集会に名を連ねていました。
ネットの普及していない2、30年前ならいざ知らず、現在も沖縄で、新聞に良く出る識者の方々が北朝鮮を賛美していることも驚きですが、これらの事実を一切報道しない沖縄の新聞も驚きです。 それ以来私は社民党も革新勢力を支持するのを止めました」


正確な言葉尻はともかく概略このような趣旨の発言があったが、その答えがまさに宮本さんが発刊した「報道されない沖縄」そのものである。


このお方が衝撃を受けた事実はこの事だと思います。
 ◎キムジョンウン最高司令官の生誕と就任を祝賀してチュチェ思想セミナーと宴会が沖縄で開かれる◎
http://dprkj.v.wol.ne.jp/120115.htm
代表的な参加者
<参議院議員(社民党)山内徳信>
<沖縄社会大衆党顧問 島袋宗康>
<社会民主党沖縄県連合会副委員長 狩俣信子>←アナウンサー「狩俣倫太郎」母親です。
  ラジオ等で狩俣倫太郎の声を聞いたら「母親は北朝鮮を大切にしている」と思い出してください。
<元沖縄県教職員組合委員長 石川元平氏>
<元沖縄県中部地区労委員長 有銘政夫>
<琉球大学名誉教授 渡久山章>

皮肉にも私がジュンク堂を出たら「狩俣信子」の選挙カーが目の前を通り過ぎていきました。(笑)

候補者の情報満載 選挙公報、9日までに全戸配布
選挙公報が配布に向けて準備中との事ですが
沖縄県議会議員選挙2012のページに
PDFがありまして、とりあえずこちらで各候補者の様子がわかります。
お住まいの地域の該当するところをご覧ください。

所属政党が「社民党」「社大党」以外ならいいという訳ではありません。
無所属でも個人のチラシ等に「糸数ケイコ」「照屋寛徳」「山内徳信」「島袋宗康」「瑞慶覧チョービン」などが載っていたらアウトだと思います。

今まで北朝鮮で動きがあった時に彼らは北朝鮮擁護で動きました。
日本人がどうなろうとも北朝鮮のために働くでしょう。
下に書いてありますが
有本景子さんが北朝鮮に拉致されているという情報を入手した社会党(社民党の前進) 土井たか子党首は
有本景子さん救出に動く訳ではなく、こともあろうに「日本にその情報が漏れてきた」と北朝鮮へ報告した疑いが濃厚です。

社民党では日本人を守ってくれそうにはありません。
その証拠に先月の北朝鮮ミサイル発射のさいに彼らはパイプがあるはずの北朝鮮を抑えたのでしょうか?
いや、むしろ「日本政府」に対して「過剰に反応するな」「PAC3配備反対」などと言ってなかったでしょうか。
そう考えると「反自衛隊」とは何のため・誰のためなのか解りやすくていいですね。
教科書問題、集団自決問題もそうです。
反原発もそうです。
感情論となりやすい、安易な「迎合」は非常に危険です。

そういえば石垣の誰かも反自衛隊ではなかったでしたっか?
八重山、石垣、宮古のようなところで自衛隊に反対するって言う事がどんなに危険な事か、、、
宮本さんが言っていましたね
「どこの国でも反戦平和を訴える方はいますが、自国の軍隊に反対する国民はいない」と


選挙の段階でかられ北朝鮮の犬に借りを作ったらどうなるか、火を見るより明らかではないでしょうか。
当選した暁には「名前を貸してあげた」とか「選挙に協力した」などといわれ
「チュチェ思想勉強会」に参加させられます。
一度さんかしたらもう逃げられません。
どんどんいいなりでスパイのようなものです。

中国の外交官がスパイ行為を行っていた疑惑の影響で
「スパイ防止法」制定に向けて議論が進んでいくと思います。
今までもスパイ防止法は話題になりましたが民主党、社会党などの反対で成立していませんでした。
しかし現在政府与党である民主党がスパイ防止法に反対する事があれば
これこそ民主党がスパイである事の証となりますので民主党が法案に反対する事は困難でしょう。
スパイ防止法を通すには今がチャンスなのです。
さて、ここで社民党の動きに注目です。
社民党がスパイ防止法に反対するかどうか、、、

話はずれましたが
誤解の無い様に書いておきますが
決して「自民党」「公明党」「民主党」「共産党」ならばいいと考えている訳ではありません。
自民党もダメなところがあります。
しかし、他の政党で自民党よりましなところがあるでしょうか?
「政権交代」をキャッチフレーズに民主党政権になって何かいい事ありましたか?
こども手当?
扶養控除を考えればだまされた事に気付く頃ではないでしょうか?

あなたの貴重な一票が「北朝鮮を守る票」にならないことを願います。

沖縄の社民党ってどんなかたがいるのか狼魔人日記よりコピペで紹介します。

社会民主党の国会議員は現在、衆議院議員6名、参議院議員4名の計10名である
県議選立候補者を選ぶ場合、拉致国家北朝鮮に対し親近感を露にする民社党系の候補者は要チェックである。
北の工作員の可能性がある。


2011年 社民党沖縄県連合役員 

役 職   氏 名
常 任 幹 事 会
委員長   新里 米吉
副委員長   渡嘉敷 喜代子
副委員長   猪俣 信子
副委員長   崎山 嗣幸
書記長    仲村 未央
書記次長   上江州 安雄
書記次長   新田 宜明
執行委員   照屋 大河
執行委員   渡嘉敷 直久
執行委員   新垣 萬徳
執行委員   渡久山 朝一
執行委員   多和田 栄子
執行委員   喜納 正治
執行委員   呉屋 悟
執行委員   大浜 哲夫
執行委員   吉田 ちあき
執行委員   宮平 のり子
執行委員   下地 敏男
執行委員   我如古 盛英
執行委員   仲村 善幸
執行委員   仲程 孝
執行委員   諸見里 宏美
執行委員   屋良 千枝美
執行委員   上里 善清
執行委員   照屋 基
執行委員   山内 力
監査委員   仲村梁 賽
監査委員   稲富 徹
規 律 委 員 会
規律委員   宮城 健一
規律委員   中根 章
顧 問
顧問   照屋 寛徳 (フレー弁護士の疑いあり)
顧問   山内 徳信
顧問   新垣 善春
顧問   友寄 信助
顧問   新川 秀清
顧問   宮城 健一
顧問   中根 章

(友誼団体役員)
崎山 嗣幸   平和運動センター議長
渡嘉敷 喜代子   基地の県内移設に反対する県民会議幹事
新垣 萬徳   違憲共闘会議幹事
渡久山 朝一   平和運動センター幹事



「社民党」の文字を見たら「拉致国家、北朝鮮」を思い出してください。

旧社会党の正体
  ↑  ぜひご覧ください。
旧社会党と北朝鮮の関係についてのHPです
動画も多数あります。

 拉致被害者 有本 恵子さんと土井たか子
 1988年、北朝鮮に拉致された石岡亨さんが手紙を外国人に託す。 その手紙が8月13日付・ポーランド消印で有本恵子さんの家族の許に無事に届く。
 石岡亨さんはバレたら殺されるのに身の危険を冒してまで手紙を書いた。
そのお陰で、有本恵子さんは北朝鮮にいることが判明する。有本恵子さんのご両親、有本明弘さん・嘉代子さんご夫妻が外務省に陳情しても無視され相手にされない状態。
 困り果て、有本明弘さん・嘉代子さんご夫妻の選挙区である地元国会議員、当時北朝鮮と親密な友好関係にあった社会党の委員長土井たか子氏に陳情すべく国会を訪れ国会内のエレベーター前で土井たか子氏に石岡亨さんの手紙を根拠に直接陳情した。
しかしけんもほろろで全く相手にされず、その時有本明弘さん・嘉代子さんご夫妻は土井たか子氏の本性を悟られたことを後日TVで述懐されたことを見た記憶がある。
 ところが驚いたことに、社会党の委員長土井たか子氏は石岡亨さんの手紙の存在事実を事もあろうに鮮総連に密告したそうである。
もし石岡亨さん有本恵子さんが生還されない場合は土井たか子氏の責任は重大である。
以上の経緯は公知の事実と思われるが15日の「そこまで言って委員会」では現在進められている日朝交渉で北朝鮮側は日航機「よど号」ハイジャック事件の関係者ら6人の引き渡しへの協力も表明。
拉致被害者の再調査という事で政府は制裁解除の方向で交渉が進みつつあると町村官房長官は政府見解を広報した。以上を踏まえてパネリストから重大な見解が語られた。
「よど号」ハイジャック事件の犯人(テロリスト)が居住する北朝鮮は米国の規定ではテロ国家であり、犯人たちが北朝鮮に存在する以上米国はテロ国家への制裁は解除できない。
そこでハイジャック事件の関係者ら6人の引き渡しへの協力も表明したのであるが、これは協力でもなく単なる厄介払であり日本国への婆をつかませる策略であると云うのがパネラー達の見解であり小生もそう思う。
政府は多分騙されるであろうと予測できる。

 このような売国政党社会党のDNAを引き継ぐ社民党の最後の楽園が沖縄であるという事実は一県民として恥ずかしい思いである。
6月10日の県議選では社民党推薦の候補者を当選させたら県民の恥である。


北朝鮮との繋がりが太いのはなにも社民党だけではありません。
菅直人もそうですが
沖縄県選出の瑞慶覧チョービン衆議院議員も北朝鮮とパイプでつながっているということをお忘れなく。
瑞慶覧長敏衆院議員は菅直人同様北朝鮮関連団体の犬である

☆   ☆   ☆


☆   ☆   ☆

『うらそえ文藝』 第17号 2012年 5月
■特別企画
 沖縄思想が対応する現実問題   宮城能彦 VS 星雅彦
■時事評論 「ゆすり・犯す」
県民蔑視の「ゆすり」と「おかす」発言 ・・・・・・・・・・福地曠昭
「メア・ごまかし発言」と「田中氏・犯す発言」・・・・・・・津嘉山武史
琉球新報のオフレコ報道は掟破りか・・・・・・・・・・・・・水口義朗
沖縄新左翼の源流ー「琉大マル研」の生成と展開ー・・・・・・仲本太郎
ドキュメンタリー作家上原正稔の挑戦!・・・・・・・・・・・江崎  孝


脱 ・ 洗脳史講座
こちらもお勧めです。
[PR]

  by hiro0815x | 2012-06-04 16:33 | 沖縄

もう少し勉強しよう

悲しい記念日なぜ多い 美里高放送部が番組制作
ヤフーニュースから

「なぜ沖縄は悲しい記念日が多いのか」―。美里高校放送部(伊佐春奈部長=3年)が沖縄の記念日に焦点を当てたラジオ番組を制作した。慰霊の日(6・23)、復帰記念日(5・15)、沖縄を日本から切り離したサンフランシスコ講和条約発効(4・28)…。8、9の両日開かれたNHK杯全国高校放送コンテスト県大会で最優秀賞を受賞し、7月に開かれる全国大会(東京)では「なぜ沖縄だけ、という疑問を全国の高校生に問い掛けたい」と話している。18日には同校の平和学習会で披露される。
 「私たちの古里・沖縄にはどんな記念日があるんだろう」という素朴な疑問から始まった。
 取材では沖縄戦で父を亡くしたという名護市の男性の言葉が生徒たちの印象に残った。伊佐部長と、安田有輝さん=2年=は「亡くなった時の話をしていると暗い声だったが、お父さんと何をやりたかったか聞くと、いろんな遊びを笑顔で話してくれた」と語る。
 最初は平和問題に強い関心がなかったという部員たち。山川里さん=2年=は取材を進めるうちに「悲しい記念日と基地。なぜ沖縄だけ戦争の負の遺産を背負わないといけないのか」と憤り、疑問を抱いた。23日に糸満市で開かれる沖縄全戦没者追悼式にも行く予定だ。「取材を通して感じたことを忘れたくない」とメンバーは力を込めた。


沖縄を日本から切り離したサンフランシスコ講和条約発効(4・28)って記念日なの??
復帰記念日(5・15)は祖国復帰を喜ぶ日ではないのか?
 沖縄を日本から切り離し・・・の反対が復帰記念日なんでしょ。
慰霊の日だって「戦没者の霊を慰める」日であって
命を賭して戦った方々(県民も含めて)に対して感謝こそすれ「悲しい」という表現はちょっと違うとおもいます。
そもそも「悲しい記念日」って??

>取材を進めるうちに「悲しい記念日と基地。なぜ沖縄だけ戦争の負の遺産を背負わないといけないのか」と憤り、疑問を抱いた
よく言われますが
沖縄だけというのは間違いです。
沖縄のマスコミからの情報だけでは偏った情報しか手に入りませんよ。

もっと取材を進めて樺太へソ連が攻めてきた時の事、北方領土がまだ日本へ返還されていない事もみんなで考えてください。
竹島だって韓国に実行支配されていますよ。
沖縄県の一部である尖閣諸島だって現在進行形で狙われています。
横田めぐみさんたちは未だに北朝鮮から帰ってきていません。

沖縄戦の事を勉強しながら関連する事をどんどん勉強していきましょう。


〜〜〜〜講演会のお知らせ〜〜〜〜〜〜〜〜

6月22日に三橋貴明氏の講演会
6月28日に櫻井よしこ氏の講演会が行われます。
三橋貴明氏講演会のお知らせPDF
日時:6月22日(火) 18:30~20:30
  
 場所:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 4F 研修室1

 定員:45名(参加費無料)
詳細はこちらをご覧ください


櫻井よしこ 沖縄講演会

2010年6月27日 日曜日 午後1時開場

演題
世界の中の日本が直面する内外の問題

私たちができる事は何か!
21世紀の展望を見る

会場・沖縄コンベンション劇場
会費・1人 2,000円

入場券はリュウボウ・三越でも販売中!

櫻井よしこ沖縄講演会事務局
那覇市上之屋341-33
TEL・098-867-8131 FAX・098-867-5186

どちらもぜひ参加してください
[PR]

  by hiro0815x | 2010-06-19 20:37 | 沖縄

沖縄タイムスより

昨日の沖縄タイムス「あなたの意見」に

「基地なくせばすべて解決か」国吉さん(22才)のご意見が載っていました。

沖縄県に基地はいらない。しかし基地が亡くなったからといって平和になり、静かになるとも思えない。
確かに、米兵の犯罪は新聞やテレビ等のマスメディアで報道される。
しかし、2009年の沖縄県警の調べによると、米兵の犯罪は沖縄県民の5分の1なのである。
ということは、米兵よりも沖縄県民の方が5倍という考え方もできる。
また、騒音に関して考えてみよう。
確かに、基地周辺は早朝や深夜などに戦闘機のエンジン騒音が激しいという。
だが、私が住んでいる地域は夜間、戦闘機等の騒音で目を覚ますよりもバイクや自動車の騒音で目を覚ます確率が高い。
新聞等のマスメディアは基地の事に関しては深く追求する。
しかし、誰も夜間のバイクや自動車の騒音に関しては追求しない。
わたしは、沖縄県民の貧困や、学力最下位などの問題をすべて基地のせいにしているようの思う。
しかし、沖縄の基地がなくなったからといって、沖縄が豊かになり、平和になり、静かになるとは思えない。


タイムスもこんな投稿を載せるんですね。
新報よりもましになったのか?(笑)

>沖縄県に基地はいらない
出だしがよかったのかもしれませんね。

>米兵の犯罪は沖縄県民の5分の1なのである。
この件に関しては人数が違うだろとのお叱りが有ると思いますが
事件の発生が5分の1なのだから報道も5分の1でいいのでは?というご意見なのですよね。

タクシー強盗は大きく報道されていますが
5月5日の「ナタ?で二人に大けがさせた」県民の事件はマスコミの扱いが小さいような印象です。

>私が住んでいる地域は夜間、戦闘機等の騒音で目を覚ますよりもバイクや自動車の騒音で目を覚ます確率が高い
おっしゃる通りです。
私の住んでいるところの状況を付け加えさせていただくならば
「エイサーの練習が一番うるさい」です。
夕方7時近くから10時過ぎまで3時間余り、毎日です。
CMでも子供は早く寝かせましょうといわれますが
うるさくて寝ません。
6月〜約3ヶ月毎日ですよ。
飛行機やヘリコプターの音よりよっぽどうるさいです。
公民館の近所の方はもっとかわいそうです。
きっと「防音工事してもらってよかった」と防衛庁(米軍)に感謝していると思います。


警察署、消防署、救急病院もみんな必要なのですが、
住宅近くに建てられる時には反対運動が起こります。
なぜって?うるさくなるからです。

中国が沖縄近海を我が物顔で通っていきます。
先日は銃口を向けていたそうですね。
日本のEEZ内でなぜ日本の調査船に文句を言うのでしょうか。

民主党政権の間に中国はどんどん沖縄を浸食してきます。
沖縄の海兵隊基地が無くなって一番喜ぶのは誰でしょうか?
アメリカの方が「沖縄に海兵隊は不要だ」と言っていますが
 「文句ばっかり言うなら自国は自国で守れ」という思いなのではないでしょうか?

備えあれば憂い無し。
沖縄から海兵隊・米軍基地が無くなるのは時期尚早です。
憲法改正し、きちんと自衛隊を「日本軍」と認識し
自衛隊だけで自国を守れる体制を作ってからでなければなりません。
[PR]

  by hiro0815x | 2010-05-11 17:41 | 沖縄

9万人=1.2万人



4月25日の県民大会ですが
主催者発表では9万人ということでしたが
空撮を数えたところ1.2万人程度らしいということが判明した様です。
世界日報より

c0134999_21273816.jpg


面積がだいたい6500坪ですから
坪当たり1.8人、一畳あたりほぼ一人ということですね。
FMよみたんのユーストリームでは閉会のあいさつのあと約7分で会場から人がいなくなっていることも納得できますね。

プロ野球や甲子園(高校野球)に行かれた事の有る方は5万人という人数がどれくらいかお分かりだと思います。
ましてやマスコミが主催者発表9万人とか11万人とかの数を鵜呑みにすること自体間違っていると思うのですが、、、

「たとえ1万人であったとしてなにがいけないんでしょう」とコメントするのでしょうか?
楽しみにしていますよ。(笑)
[PR]

  by hiro0815x | 2010-05-03 21:29 | 沖縄

辺野古移設賛成デモ(マスコミでは報道しない)

1月16日日比谷でデモが行われた翌日に普天間基地移設受け入れを表明している地元名護市で行われた日米同盟で自由と平和を守ろう!普天間基地辺野古移設賛成デモの様子です。

マスコミでは報じられていないと思うのですが

日米安保維持
辺野古移設賛成
沖縄を中国の脅威から守れ
名護市長選挙は既に3期連続で受け入れ表明している候補者が選ばれている

ぜひ動画をご覧になってください。

拡散希望です。
みんなに広めてください。
これをきっかけに日本中で立ち上がってほしいです。







追記
デモに参加された保守@沖縄さんがレポートされていました。
デモに参加された皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。
[PR]

  by hiro0815x | 2010-01-19 12:44 | 沖縄

「日米同盟で自由と平和を守ろう!」デモ集会 in 名護

おそくなりましたが新年あけましておめでとうございます。

鳩山さんの政治献金問題、脱税問題はこのまま終わらせるつもりなのでしょうか。
小沢さんの政治資金団体の土地ころがし資金問題に関してどこまで深く追求できるでしょうか。
蓮舫さんの事務所費用問題はどうなるのでしょうか。
藤井財務大臣の辞任は本当に体の問題なのでしょうか。

狼魔人日記で取り上げられていたのを普通に考えるとお金の問題も、、、

松岡さんは自殺(?)してしまいましたが、ママから10億円以上もらったり、嘘の収支報告書を提出していた人は総理大臣のまま開き直っています。

マスコミは全力で民主党を擁護しています。
(報道の仕方を見ながら民主党の広告費の増減をしているという話もありますね)

沖縄に関しては国境に位置しているため
治安維持のためにも軍隊は欠かせないわけですが

平和ボケした団体とマスコミの偏向報道のおかげで大変な事になりそうです。

そんな中で立ち上がった方達がいます。
1月17日(日)デモが行われます。
私は予定があるため参加できませんが、多数の方の参加を期待しています。

以下に詳細をコピペしておきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

祝・日米安全保障条約50周年
「日米同盟で自由と平和を守ろう!」デモ集会 in 名護
~もうだまされない!民主党亡国政権!~

※ 日米同盟破綻で日本は中国の属国寸前!
※ 名護市内で日米同盟堅持を訴えよう!

【デモ集会日程】
日時:1月17日(日) 名護市 13:00~

<一部:平和シンポジウム>
時間:13:00~14:00
場所:大西区公民館  沖縄県名護市大西3‐8‐12
TEL 0980‐52‐4630

<二部:平和行進>
時間:14:50~16:00

<参加対象者>
・日米同盟の破綻による国家の危機を感じ、日米同盟の重要性を感じる方。
・普天間基地の辺野古移設に賛成する方。
・現政権へ日米合意の履行を訴えたい方。
・自由を守るために立ち上がった沖縄県民を応援したい方。
・上記対象の方なら居住場所、思想信条、支持政党・党派・国籍を問せん。

【参加申し込み】
必要事項をご記入の上、FAX 又はメールにてお申込ください
FAX: 098-885-7200 Email:tokutome1603@ezweb.ne.jp

お名前:____________________

電話番号:__________________

E-mail:_____________

【航空券&宿泊について】
※格安パックの購入をお勧めです。 (1/6迄に購入) インターネット、旅行会社にてお求めください。
※ 航空券+宿で約3万円(ツイン)のパックから購入できます。お二人での宿泊をお勧めします。
※ 1月7日(木)以降は、格安パックの購入はできなくなるので、ご注意ください。
・ 参考料金:特割片道:\21,200~ 宿泊(シングル):\5,300~  便名・ホテルにより異なります。

【現時集会についての問い合わせ】
現地運営事務局(那覇) : 徳留携帯 090-6864-2290
E-mail:tokutome1603@ezweb.ne.jp
現地運営事務局(名護) : 崎浜携帯 090-3794-6785
E-mail:s-hideaki.777@ezweb.ne.jp

主催:「日米共同で自由を守ろう!」デモ集会実行委員会
共催:沖縄維新の会、沖縄の自由を守る会、日本再生ネットワーク
沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク
----------
[PR]

  by hiro0815x | 2010-01-06 19:58 | 沖縄

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE