「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

嘉手納基地への普天間基地移設??

岡田外務大臣とがが
普天間基地移設先は嘉手納基地がいい
なんてほざいている様ですが

嘉手納基地のように戦闘機の離発着が多い飛行場に
ヘリコプターの基地としての機能を持たせようとしたら
事故多発地帯になるのは目に見えています。

スピードの速いジェット機主体の嘉手納基地
ヘリコプターや輸送機主体の普天間基地

一緒にしたらまずいでしょう。

高速道路がなぜ一般道よりも事故が少ないか。
岡田さんは考えた事が無いのでしょう。

嘉手納基地と普天間基地の合併は
高速道路に自転車が入っていくような物。
それに加えて中央分離帯を無くしたらと考えてみてください。

政権が変わったからって他国との決めごとを反古にしようなんていうすばらしい考え方は日本にしかないでしょう。
アメリカから「信用ならん」といわれるのも無理有りません。

硫黄島へなんて言っている人もいますが
島嶼群である沖縄には災害にそなえてヘリコプター基地が絶対必要です。
もし、みどり丸事故の様な海難事故が起こったらどうするんですか。
那覇の自衛隊のヘリコプターだけでは対応不可能ですよ。

みどり丸事故の事をちょっと調べてみましたが
米軍の活躍はアリバイ程度にしか書かれていませんね。

前政権だったら閣内不一致とか、政治と金の問題とかって吊るし上げていたのに
そういう話題になりませんね。
脱税首相さん。
おっとこれ以上批判すると友愛されてしまうかもしれないので自重します。(笑)
[PR]

  by hiro0815x | 2009-10-30 00:43 | 沖縄

「サラの日記」を応援します

サラの日記でサラさんが石垣市長、糸数けいこ議員らの巨悪に立ち向かっています。
狼魔人日記でも紹介されていますが
政治家、マスコミ、弁護士を相手に戦うのは敵が大きいです。

経緯を読ませていただくと応援しない訳にはいきません。

応援します!頑張りましょう!
[PR]

  by hiro0815x | 2009-10-19 22:23

「沖縄の自由を守る会」発足記念講演会

沖縄県民斯ク戦ヘリからの情報です。


「沖縄の自由を守る会」発足記念講演会

テーマ:マスコミが報道しない「沖縄安全保障環境の真実」
日 時:平成21 年10月24 日(土) 開場18 時00 分
場 所:沖縄県青年会館 1F会議室
沖縄県那覇市久米2丁目15ー23
(098-864-1780)

参加費:1,000 円

主 催:沖縄の自由を守る会

後 援:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク

申込先: 「沖縄の自由を守る会」

運営事務局:徳留 携帯 090-6864-2290

E-mail:tokutome1603@ezweb.ne.jp

【プログラム】18 :30~
講演:「日本人としての自覚を」
恵 隆之介

訪米研修報告:「内向きな安全保障論議からの脱却を」
砥板 芳行

20:35~質疑応答

21:05 ~活動計画発表 世話人代表

必要事項をご記入の上、FAX 又はメールにてお申込ください。
----------------------------------------

・ お名前:
・ 住所:
・ 電話番号:
----------------------------------------

お申し込みはこちらへ E-mail:tokutome1603@ezweb.ne.jp
◎沖縄と共に自立国家日本を再建する草の根ネットワーク


ぜひ参加したいと思います。
[PR]

  by hiro0815x | 2009-10-15 16:45

追悼、中川昭一氏

大切な国士を失ってしまいました。
ご家族の方にはお悔やみを申し上げます。

2月のローマでの会見で呂律が回っていないと強烈な批判を浴び、辞任に追いやられましたが
会見の内容を理解していたマスコミはいたでしょうか?

中川財務大臣、白川日本銀行総裁共同記者会見の概要からのコピペです

(平成21年2月14日(土))

於:ローマ

【冒頭発言】
中川大臣)
 昨日の夜からG7の会合、実質的には今日ですけれどもやりまして、共同宣言が出ました。日本としては、実質的な経済対策をやるということと、それからADB(と協力してJBICが)10億ドルの支援をするということ、具体的な対策を採ったということです。他の国は色々言っておりますけれども、具体的にIMFの1,000億ドルのことについては昨日正式に合意いたしましたし、あるいはIFCに対する20億ドルに対しても以前に日本でも合意をしましたから、どんどん具体的なことをやっていくことが世界に対する貢献であり、また国内に対しても、日本銀行を含めて大事なことをやっていくことが今やるべきことであろうというふうに思っておりまして、まさにそのことを日本がやっているということをお示しをしたと。そして、4月2日のG20に向けて作業を進めていきたいというふうに考えております。

白川総裁)
 今回のG7では、国際金融資本市場の強い緊張状態が続く中、新興国を含め世界経済は大幅に悪化しているという認識が共有されました。そのうえで、国際金融資本市場および金融システムの安定を確保し、世界経済の成長の回復と雇用の確保のため、G7諸国が最大限の政策措置を採っていくということが改めて確認されました。
 私からは日本経済の状況と金融政策について説明を加えました。そのうえで、この間、日本銀行が行った政策対応につきまして、特に企業金融の円滑化に向けた措置を中心に説明を行いました。

【質疑応答】

問)
 まず白川総裁、日本の金融政策の説明をされたということですが、CPの買切りをはじめ、今まで採っていない異例の措置とおっしゃっていることをいくつもやっていらっしゃいますが、その点については各国からどんな評価を得られたのでしょうか。中川大臣にお伺いしたいのは、今回は反保護主義ということで議論をされたと思いますが、中川大臣はどのような発言をされたのかということと、今回WTOのラミーさんがいらっしゃっていると思いますが、WTOの代表としてどのような発言があったのかをお聞かせください。

白川総裁)
 各国が自国の採っている政策を説明しましたけれども、一つずつのその国の施策についてコメントがあるということでは必ずしもありません。日本銀行はCPの買入れを既に行っていますし、社債の買入れについても検討を行っているわけですけれども、ご存知のとおり、アメリカはCPの買入れ政策を既に行っていますし、それから今月はABSの買入れを行っているわけです。同様にイギリスも社債、CPの買入れを始めるわけですが、そうした各国による政策全体を受けて、今回の声明文でも金融政策について触れられています。「政策金利は非常に低い水準まで引き下げられており、必要に応じ非伝統的な金融政策上の行動がとられている」と記されていますが、こうした政策措置は適切であるという評価であったように思います。必ずしも日本銀行を特定しているわけではありませんけれども、そうした評価であったということだと思います。

中川大臣)
 日銀の決定された金利は非常に低い状況になっている、そういう判断をされている、しかもCPの買取りや株式の買取りとか社債の買取りとか色々なことをこれからも含めてやっているということでありまして、これは私は高く評価をしたいというふうに思っております。そういう中で日本政府の方が今何をやるべきかということについては、野党がつまらない抵抗をしているわけですけれど、一日も早く21年度予算あるいは20年度補正予算の関連法をあげると、これが最大の景気対策であると。今日も色々な国のひどい厳しい状況を聞きました。日本が一生懸命これを打開するということが一番大事だというふうに改めて強く感じました。

問)
 中川大臣に1問お伺いします。先程、21年度予算と20年度補正予算の関連法案をあげることがまず第一の景気対策だというお話がございましたが、今回の声明ではさらに積極的な財政出動を各国が協調して行うことが効果的だという内容が入っていますが、そもそもアメリカから日本に対してより一段の景気対策を求めるような発言であるとかそういったことがあったかどうか、さらに週明け発表されるGDPではかなり厳しい数字が予想されますが、より一層の景気対策を考えていくことになるか、その辺りをお聞かせください。

中川大臣)
 オバマ政権に対して、日本は早く適切に財政出動をやってもらいたいということは申し上げました。他方、アメリカから日本に対していわゆる75兆円、(財政措置が)12兆円の緊急対策に対してプラスアルファをしろというような要請は無かったと思っています。要は早く第2次補正予算の財源問題にしても21年度予算にしてもしっかりとやるということが大事だということについては言うまでも無いことだと思いますけれども、これをしっかりとやっていくことが一番必要だというふうに改めて思いました。

問)
 為替なのですが、ステートメントを見る限り大きな動きは無かったように見えるのですけれども、ただ円高水準が進んでおりまして、日本の企業収益なんかも圧迫していると思いますが、日本側から為替に関して何か発言をしたことがあれば教えてください。

中川大臣)
 コミュニケはあのような形で出ましたけれども、為替に関しては急激な変動に対しては各国協調してこれに対抗していかなければならないということを文章に載せたということの大きさを考えて頂きたいと思います。

問)
 中川大臣にお尋ねします。今回の声明の中では、中国に対する期待のような文言が出ているようなのですが、この辺り世界経済の今後の牽引役としての中国に期待するというような、そういう議論がなされたのかどうか中身を細かく教えていただきたいと思います。

中川大臣)
 コミュニケの議論の中では、中国とかいうことはありませんでした。ロシアのクドリンさん他がご発言をされましたけれども、中国はルールどおりにしっかりとしたデータを出しているのであれば、まずそこは信頼しましょうということだと思いますね。これは白川総裁の方もどうぞ。

白川総裁)
 中国経済だけをとりあげて(シングルアウトして)期待を表すということではありませんでした。世界経済全体が今厳しい状況ですから、やはり各国が力を合わせて経済の再建に取り組んでいくという、そのような議論であったとの認識です。

問)
 先程中川大臣は金融政策の現状について暖かく評価されているとおっしゃいましたが、今回のステートメントで「あらゆる政策手段を用いて」という言葉が入っておりますが、今後の金融政策の展望について白川総裁にお聞きしたいのですが。

白川総裁)
 来週、水・木曜日に金融政策決定会合が開かれます。経済の現状、金融の現状について大変厳しい状況であるという認識を持っているということをこれまでの決定会合でも申し上げてきましたけれども、前回会合以降のデータを踏まえて、来週の会合ではさらに丁寧に点検をして議論をしていきたい、と思っています。現時点では、特に具体的な内容についてお答えすることはありません。

問)
 中川大臣に2つお伺いしたいのですが、今回の共同声明を見ますとこれまでのG7に比べてかなり具体的な対策にまで踏み込んだ内容になっていると思うのですが、今回がこれまでのG7と違う点、今回の会議の全体の雰囲気といいますか各国についてどういう印象をお持ちになられたかという点と、もう1点は、昨日2者会談もありましたけれども、今回アメリカのガイトナー財務長官が初めてG7に参加されましたけれども、彼がオバマ政権において今後少なくとも数年間アメリカの財政を担当していくわけですけれども、彼のリーダーシップなり会議での印象等をどのように受け止められているかというのをお聞かせいただけますか。

中川大臣)
 10月のときは非常に悪くなった、リーマン・ブラザーズ、AIGのことも含めて。あの時に何かしなければいけないということでしたが、今回はアメリカもヨーロッパも日本も国内対策、あるいは私が昨日やりましたIMFの1,000億ドル、IFCの20億ドル、あるいはJBICの10億ドルと、そういうことをやりましたので、とりあえず国際的にはよいのだけれども、肝心なアメリカやヨーロッパが大変かもしれないよという状況の中でのG7/G8ということになりますので、ある意味では非常に厳しいと思いますね。だけれどもそれを皆で、アメリカの対策も一応説明を受けましたし、これからの状況に向かっての4月2日のG20、その前に色々僕らベースのものがありますけれども、そんな状況の方向性だったのかなと思いますけれども。
 (以上)


バチカン博物館では酔っぱらって手が付けられなかったなどと報道もされましたが、
マスコミはこぞって反論に聞く耳持たず、の印象でした。

このことは「騒音おばさん」事件と似ている気がするのは私だけでしょうか。

ねずきちのひとりごと 中川昭一元財務大臣を偲ぶからバチカン神父の証言です。

日本の心をつたえる会のMLで、ひなげしさんが雑誌「正論」に掲載されたバチカン神父の証言を紹介してくださいました。

以下に引用します。

---------------------------------------

【バチカン神父が見た“あの日”の大臣】
 バチカン放送局 神父 和田誠                  
 
私は今、日本から送られてくる報道に、大きな戸惑いと、深い悲しみを抱いています。

私自身も関わった中川前大臣の博物館見学が、何故あのように、事実と異なる形で報じられるのでしょうか。

私は見学の間中、通訳として中川前大臣の最もお側近くにおりましたが、報道のような非常識な行為を、見た記憶はありません。

また、中川前大臣はあの時、酔っているご様子には見えませんでした。
私はアルコールを一滴も受けつけませんので、その臭いには敏感です。
しかし中川前大臣からは、お酒の臭いはしませんでした。

以下、日本の報道のどこが事実と異なっているか、ご説明したいと思います。

今回の問題を最初に報道した朝日新聞に、こう書かれています。

《(バチカン博物館に)到着時から中川氏の足取りはフラフラとおぼつかなく、言葉もはっきりしなかったという。
案内役の説明を聞かずに歩き回ったほか、入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、
触ってはいけない展示品を素手で数回触ったりした。そのために警備室の警報が少なくとも一回なったという》

足取りがふらふらしていたかは、見る人の主観によるものでしょう。
しかし言葉がはっきりしなかったとは、いったい誰が言っているのでしょうか。
見学の間中、中川前大臣とお話したのは通訳であった私です。中川前大臣の言葉は、非常にはっきりしておりました。

「案内役の説明を聞かずに歩き回った・・・」というのも、おかしな話です。
案内役とはイタリア人ガイドの事でしょうが、彼女のイタリア語の説明を中川前大臣が聞けるはずがありません。

中川前大臣は、私の通訳を聞いていたのです。
私が通訳をしている間は、もちろん歩き回りなどしませんでしたし、非常に熱心に耳を傾けておられました。

「入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、触ってはいけない展示品を素手で数回触ったりした」というのも、私には大いに疑問です。
少なくとも私は、明らかに非常識とされる場面は目撃しませんでした。

一つだけ心当たりがあるとすれば、朝日新聞の記事に出てくる次のような指摘です。

《バチカン博物館でも特に有名な、「八角形の中庭」の「ラオコーン」像を見学した際には、観光客が近づき過ぎないようにするための高さ三十センチのさくを乗り越えて石像の台座に座るなど、非常識な行動をとったという》

この時の様子は、私も覚えています。
さくというのは誤りで、実際はロープでしたが、中川前大臣がラオコーン像に見入るあまり、ロープを越えて近づいたのは確かです。
このため、そばにいた警備員がイタリア人ガイドに一言二言注意しましたが、
中川前大臣はすぐ戻ったため、特に問題にはなりませんでした。
「石像の台座に触る」こともしていません。

記事が指摘するような「非常識な行動をとった」とは、私を含め周囲の誰も思わなかったことだけは、述べておきたいと思います。

バチカン博物館は規模が大きく、普通に見学すれば五~六時間はかかります。
そこを一時間半ほどで見て回り、しかも世界最大級の教会堂建築として知られるサン・ピエトロ大聖堂まで見学したのですから、相当な急ぎ足で、とても「フラフラ」できる余裕はありませんでした。

しかし、十分な時間はとれなかったとはいえ、このときの見学は、とても有意義であったと私は思っています。

中川前大臣は私に、美術と歴史に関する事を、とても気さくに話しかけて来られました。
お話の内容から、とくに古代ローマへのご関心が高いようでしたので、私はイタリア人ガイドに指示して、ローマ美術とそれ以前のエルトリア美術を展示してあるコーナーを集中的にご案内しました。私は通訳の役目を、十分に果たしたものと満足にしていました。

ところが一週間後、あのような報道がなされたのです。

この間、バチカンで中川前大臣の「非常識な行動」が話題になった事は全くなく(そもそも非常識な行動などなかったのですから話題にならなくて当たり前ですが)それこそ寝耳に水の思いでした。

朝日新聞の報道ののち、私は日本の新聞社、通信社、テレビ局から取材を受け、事実かどうかと聞かれました。

そこで、中川前大臣の行動に非常識な点はなかったと繰り返しご説明したのですが私の発言は一行も報じられませんでした。

日本のマスコミはすでに、中川前大臣は酔っていたはずだ、非常識な行動をしたに違いない、という先入観にとらわれており私の意見をまともに聞こうとはしなかったのでしょう。
どの報道も朝日新聞と似たり寄ったりだったことは残念でたまりません。

中川前大臣には、ご同情申し上げます。また、御家族をはじめ身近な人たちのご心痛を思うと、やり切れない思いです。

私はたまたま通訳として、今回始めて中川前大臣とお会いしましたが、その場にいたものとして、事実と異なる報道で苦しんでおられるのを見過ごすわけにはいきません。

このため取材にも積極的に応じてきましたが、記者たちの先入観を改めることはできませんでした。

今はただ、バチカン観光における誤解が一日も早く解け、皆さまに心に平穏が訪れるよう、祈るだけです。

正論2009年5月号 P100~101
-----------------------------------

中川昭一氏に恥じない国づくりをしていくのが私たちの役割と思います。
[PR]

  by hiro0815x | 2009-10-05 21:30

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE