「テレビ朝日」放送法違反告発状

国益情報「テレビ朝日」放送法違反告発状よりコピペです。

「テレビ朝日」放送法違反告発状 (水間政憲) 2009/03/13 02:02:31
2009年3月3日、自由民主党「 日本の前途と歴史教育を考える議員の会」 中山成彬会長が、 テレビ朝日を 放送法違反で、 鳩山邦夫総務大臣に告発しました。

その日、小沢一郎民主党代表の事務所が、 東京地検特捜部の 強制捜索にあったり、第一秘書が逮捕されたりで、記事にならなかったことが非常に残念でした。

テレビ朝日の放送法違反告発状を入手しましたので全文掲載します。

《放送法違反告発状》

平成二十一年一月十三日(午前十時半〜十一時半)、テレビ朝日は、現在裁判で係争中の問題に関して、裁判に予断を与える放送をした。
ここに監督官庁である総務省鳩山大臣に、問題番組の録画ならびに検証資料を御精査頂き適切な指導及び処分を要望します。

番組名『 消したい過去消せない真実』 琉球朝日放送制作

※放送法違反番組
「教科書検定意見撤回を求める県民大会」 宜野湾海浜公園
平成十九年九月二十六日

一、 平成二十一年一月十三日に放送した番組内で「十一万人を集めた県民大会でひとつになった」とか「集まった十一万をこえる」「十一万人の想いはきっと届く」「十一万人の声の行き場を失いました」と放送した。
昨年、同県民集会をマスメディアが沖縄県民の約十二分の一の人数が集まったとの報道に疑問を持った テイケイ株式会社( 帝国警備)が、一人ずつ分析した結果、一万八千百七十九名(視認可能部分)と明らかにした。
右、十一万人との放送は、放送法第三条の二「報道は事実をまげないですること。」に違反しているのでテレビ朝日に訂正放送を求める。

二、 同番組内容は、検定意見の撤回を求めるものだったが、ここでは裁判係争中の問題でもあり、番組内容に触れない。しかし、放送法第三条二「政治的に公正であること。「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から明らかにすること。」に客観的に違反している。
それは、検定意見の撤回を求める側に沿った放送約四十三分。
対立している側に沿った放送約三分三十秒と明らかに放送時間が一方的で公正でない。
このように偏向放送をしたことに関してもテレビ朝日は謝罪することを求める。

以上、放送法違反を告発するとともに放送した「テレビ朝日」に間違いの撤回と謝罪を求める。

平成二十一年三月三日

日本の前途と歴史教育を考える議員の会

会長 衆議院議員 中山成彬

総務大臣

衆議院議員 鳩山邦夫殿


    以上

テレビ朝日は、記事にならなかったことをいいことに、相変わらず 偏向報道をしています。そこで、個々に、この告発状の回答を BPO( 放送倫理・番組向上機構)に求めて見るのも効果的かと思います。

http://www.freejapan.info/ ネットだけ転載フリー

ジャーナリスト・水間政憲

中山成彬さん、水間政憲さんたちには頑張ってもらいたいです。
応援しています。
[PR]

  by hiro0815x | 2009-03-14 08:20

<< 陰の主役? 伊集院さんGJ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE