外国人参政権を名護市長選挙から考える。

昨日の名護市長選挙は残念な結果となりました。
名護市長選 稲嶺進氏が初当選 普天間の辺野古移設反対

2010年1月25日
 【名護】任期満了に伴う名護市長選は24日投開票され、元市教育長で新人の稲嶺進氏(64)=無所属、社民、共産、民主、社大、そうぞう、国民新推薦=が1万7950票を獲得し、2期目を目指した現職の島袋吉和氏(63)=自民、公明支持=が獲得した1万6362票に1588票差をつけ、初当選を果たした。
 米軍普天間飛行場の移設問題を最大の争点にした今選挙で、辺野古移設に反対、県外・国外移設を求める稲嶺氏が当選したことで、辺野古移設はより困難な情勢となった。政府の移設候補先決定にも大きな影響を与えそうだ。
 当日有権者数は4万4896人(男2万2005人・女2万2891人)で、投票総数は3万4552票(有効投票3万4312票、無効投票240票、持ち帰りなど1票)。投票率は76・96%となり、前回2006年の74・98%と比べ1・98ポイント上がった。18日から23日までの期日前投票は有権者の31・72%に当たる1万4239人(男6867人・女7372人)が投票し、前回の9588人より4651人増えた。

 稲嶺進氏の話 (普天間移設問題について)市民投票と市長選で同じ答えを出すことで、本当の民意を示せた。辺野古に基地を造らせないという信念を貫く。ヤンバルの自然や環境を生かし、持続的な経済発展を実施して、雇用と経済の活性化を図りたい。

当17,950 稲嶺 進 無・新
次16,362 島袋吉和 無・現
          (選管最終)

【琉球新報電子版】


1588票差でした。

辺野古移設容認派はこの13年間で3勝1敗となりました。

普天間基地問題に関して週刊オブイェクトの
なぜ普天間基地移設先は沖縄県内でなければならないのか
普天間基地の海外・県外移設の可能性について
に書かれている事を読んでいただければ選択肢はかなり限られている事がお分かりになると思います。


ところで今回の1588票差を外国人参政権とリンクして考えてみましょう。

極端な話ですが
外国人に対して生活保護を与えましょうという意見が出た時に
これくらい僅差であった場合外国人1600人が住民票を移して投票していたら
選挙結果がひっくり返っていた訳です。

恐ろしい事ですね。
過去にわずか2票で当落が決まった衆議院選挙が有りました。



拮抗すればする程、少数の方の票が重要になります。

外国人だって税金おさめているからいいんじゃないの?
なんて言っている政治家はそれだけで日本国民の敵と考えていいでしょう。

あなたの家にお客さんがいらっしゃいます。
どこへ出かけるか、食事は何をするか、口出しされてもいいですか?
お客さんの友達をあなたの家でまかなう事になってもいいですか?
家計の使い方から遺産の分配まで口出しされてもいいですか?

マニュフェストに載っていない外国人参政権を推進している民主党を選んでいる日本人、おかしいです。
問題点を報道しないマスコミ、どこの国の報道機関なんでしょう。

日本人よ目を覚ませ!!
[PR]

  by hiro0815x | 2010-01-25 13:23 | 政治

<< 頑張れ!西田議員 名護市長選挙は外国人参政権への... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE