想像してください

今は平成22年です。
勝ち組、負け組等という言葉も有りますが
昭和初期から昭和20年代の事を考えてみましょう。
食べる物も不足しがちでした。
石油も貴重品でもちろん電気も十分ではなかったと思います。
そんな中、諸外国から石油等の輸出が禁じられたら、、、

アジア・アフリカ諸国は植民地となり欧米に搾取されていました。
奴隷という扱いも差別ではなかった時代です。
物乞いするしか無かったのでしょうか?

岡田外相は朝鮮併合は朝鮮にとって屈辱だったと言いますが
日本人は朝鮮人を奴隷にしたでしょうか。
なかにはつらい思いをされた方もいらっしゃるかもしれませんが
足輪を付けて働かせたのでしょうか?
いいえ、多くの朝鮮人は日本に併合された後、インフラが整備されたりして
併合を喜んだのではないでしょうか?

ABCD日本包囲網を打破するには立ち上がるしか無かったのではないでしょうか?

戦争放棄・憲法九条を守れなどというかたはジョン・レノンのイマジンなどを歌っていますが
当時の若者の決意を想像してください。
「戦争を知らない子供たち」にもありますが、「戦争放棄」だけを唱えているのはその名の通り「子供」でしかありません。
(私はこの歌が嫌いです)
祖先が切り開いた平和の道は日本のために散っていった方達、英霊の遺志の基に成り立っているんです。
「僕らの名前を覚えてほしい〜」?バカ言ってはいけません。
覚えておくべきは「日本を守るために戦った方達・支えてくれた方達の心」です。

ヤハウエさんに教えていただいた動画です。



今の日本が本当に平和なのでしょうか。
北方領土はまだ占領されたままです。
竹島も占領されています。
尖閣諸島は民間人石垣市議員ですら上陸が認められていません。
首相始め、内閣・国会議員自ら日本人のためでなく外国人のためになるような働きしかしない。
主権回復したはずなのに日本を想う日本人はどんどん減っています。

祖父母達は誰のために努力したのでしょうか?
日本人のための日本を取り戻すのが今の我々の使命では無いでしょうか?
[PR]

  by hiro0815x | 2010-02-15 17:13 | 雑記

<< 日本の夜明けが始まった 岡田外相は即刻議員辞職せよ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE