日本の夜明けが始まった


沖縄タイムス 2010年2月28日

中山氏が初当選 石垣市長選
5千票差で大浜氏下す

【石垣】任期満了に伴う石垣市長選挙は28日投開票され、新人で元市議の中山義隆氏(42)=無所属、自民、公明推薦=が、5期目を目指した大浜長照氏(62)=無所属、社民、共産、社大、民主推薦=に5014票差をつけ、初当選を果たした。

当日有権者数は3万6281人。

投票率は77・42%で前回を11・54ポイント上回った。

中山義隆氏(なかやま・よしたか) 1967年市登野城生まれ。近畿大商経学部卒。2006年日本青年会議所沖縄地区会長。同年の市議選で初当選。09年12月辞職。


当 中山義隆氏 1万6421票

■ 大浜長照氏 1万1407票




名護市長選挙ではかろうじて民主党が応援する候補が勝ちましたが
その後は保守派が連勝しています。

民主党政権になってからのおそまつさにテレビしか見ない人たちもようやく目が覚めてきたと思いたいです。

特に今回の選挙はサラさんが身を張って大浜市長の悪事を公表してくれたおかげで
善良な石垣市民に「考える」事を促してくれたおかげでしょう。

マスコミは「自民党は立ち直れない」と繰り返し報じて国民に「自民党はダメだ、これからは民主党だ」と思い込ませています。
軍とマスコミが一緒になって民をあおっていた当時と同じ事を
民主党とマスコミは行っています。
違いは「愛国心の有無」です。

愛国心を育てて本当の保守政党を作るのは国民一人一人の心です。
みなさん、頑張りましょう。
[PR]

  by hiro0815x | 2010-03-01 12:52 | 政治

<< オザワにんきもの 想像してください >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE